歯周病治療|鹿児島市高見馬場の歯医者「牧歯科医院」

鹿児島市天文館の歯医者なら牧歯科医院

2017年8月1日火曜 鹿児島市高見馬場にてNEW OPEN

プライバシーポリシー

プライバシーポリシー

ブログ

ブログ

ご予約・お問い合わせ

0992397160

診療時間

月・火・木・金

9:30~13:30
15:00~19:00

水 9:30~13:30

9:30~13:30
14:30~17:30

休診日:日曜・祝日

歯周病治療

歯周病とは

歯周病とは

40歳以上の成人では、80%以上の方がかかっているといわれる歯周病。
歯周病原菌が歯の表面に付着することによって歯ぐきに炎症を起こし、さらに進行していくと歯を支えている骨を溶かしていきます。

歯を磨くとすこし血が出るというような初期状態(歯肉炎)であれば骨がとけることなく歯石とり(スケーリング)によってすぐに治ります。しかし、歯ぐきが腫れた、歯がぐらぐらする、歯並びが悪くなってきた、噛むと痛いというような自覚症状がでた後では、歯周炎はかなり進行しています。また歯周病にかかっていると、心臓病、早産など様々な病気にかかる率が高くなることも明らかになっています。

専門医ならではの治療

専門医ならではの治療

初期状態(歯肉炎)であれば、歯石とり(スケーリング)によってすぐに治ります。
しかし、歯茎が腫れた、歯がぐらぐらする、歯並びが悪くなった、噛むと痛い…といった自覚症状が出た後では、歯周病はかなり進行しています。

当院では、歯周病専門医として20年以上の豊富な経験をもとに、必要や適応に応じて、外科手術や最新の再生医療も行います。すべて、内容や費用、経過等をご説明して、納得いただいた上で行いますのでご心配はいりません!病状を正確に把握し、適切な治療を行えば90%以上の方は歯周病の進行を停めることができます。歯周病専門医として歯周病予防治療から歯周組織再生療法まで最高の治療を提供します。自覚症状が少ない病気なので、気になることがあれば早めに受診しましょう。

日々の予防とメンテナンスが大事

日々の予防とメンテナンスが大事

歯周病の予防と治療には、患者様の協力(毎日の積み重ね)も欠かせません。
仕事や家事、育児で忙しい日々でも実践できるよう、当院では、患者様ごとに、状態や治癒反応、通院状況などに合わせて『できる範囲で効果的なケア』をご提案しています。

ブラッシング指導として、一人ひとりに合った重点的に磨くポイントや磨き方、タイミングをお伝えすることも、その一環です。自分の歯を健康に保ち、長く生かせるよう、一緒に守っていきましょう。

歯周組織再生療法

歯周組織再生療法

歯周病の進行によって失ってしまった歯周組織も、一定の条件下では再生療法が可能です。当院では、痛みや腫れが少なく、歯周組織再生療法として最高の治療結果が報告されているエムドゲインゲルによる再生療法を実施しています。

下記は、術前術後のレントゲン写真になります。

治療前

治療前

歯を支える歯槽骨がとけ、歯と歯の間も隙間ができています。

次
次

治療後

治療後

歯槽骨が再生しています。歯と歯の隙間も閉じてきています。

歯周病 CHECK!

歯周病は、初期の場合、自覚症状はほとんどありません。医師の立場からいえば、「歯が丈夫で、歯科へほとんど行ったことがない」という方こそ、検診が必要です。歯周病は、自覚症状のないままに発症・進行して、急に噛めなくなったり、歯を抜かざるをえない状態に陥るケースが多いのです。早く見つけて適切な治療を行えば、90%以上の確率で進行を止めることが可能です。40歳を過ぎた方は特に、半年または一年に一度の「定期健診」をおすすめします。

下記の項目を参考に、歯周病チェックをしてみましょう!
症状が一つでもあてはまる方は、歯周病かもしれません。手遅れになる前に、早めの検診をお勧めします。

  • 口臭が気なる
  • 朝起きた時、口の中がネバネバする
  • かたい物が噛みづらい
  • 歯が長くなったような気がする
  • 前歯が出っ歯になったり、歯と歯の間に隙間がでてきた。
  • 歯みがきの時に出血する
  • 歯ぐきがむずがゆい、痛い
  • 歯ぐきが赤く腫れている。(健康的な歯肉はピンク色でひきしまっている)

※10代で発症など先天的な要因をお持ちの場合、進行を遅らせ健康を維持する長期的なケアが必要です。

  • 船越歯科医院
  • 木村歯科医院
  • 吉田しげる歯科医院
  • ののした歯科
  • ナカノ歯科

ページトップへ